文字サイズ

羽衣国際大学

ファッションデザインコース

人間生活学部/人間生活学科

デザインのトレンドを読み、
次代のファッションを提案できるプロへ。

衣服のデザインを実践的に学びながら、関連するビジネス系の学びやPCスキルを習得し、
将来ファッション産業で幅広く活躍できる人材を養成します。
近年、生活の多様化・個性化への変化によりライフスタイルにまで及ぶファッション文化について、総合的に学ぶことができます。
※住空間デザインコースの科目も履修することができます。

めざす資格・検定
中学校教諭一種免許状(家庭)高等学校教諭一種免許状(家庭)、ファッションビジネス能力検定、色彩検定Ⓡ、リテールマーケティング(販売士)検定、サービス接遇検定、日商簿記検定など
卒業後の進路イメージ
アパレル関連会社、出版社(ファッション関連)、ブティックなどショップ経営、中学校・高等学校教員(家庭科)など

学びのポイント

  • 企画、デザインからマーケティング、販売までファッションを総合的に学びます。
  • 在学中にオリジナル作品をつくり、デザインコンテストやファッションショーに挑戦。
  • 「家庭科教員免許」を取得して、教壇に立つ夢も実現できます。
PICK UP学内で知識理論、
技術を学ぶ。
  • カラーコーディネート論

    色は、心理・生理・社会・光学など多様な分野と深く関連しています。色が見える仕組みを理解するとともに、色の表し方や調和の取れた配色、色彩構成の理論を学習。色彩によって美しく快適な生活環境を生みだすために、背景とのバランスを考えながら複数の色を目的に応じて配色するための能力を培います。

  • ファッション特別活動Ⅰ・Ⅱ

    ファッションデザインコンテストに向け衣装を製作します。型紙から衣装に必要な素材や材料の購入、生地の裁断、縫製、アイロン、モデルの衣装合わせまで、ゼロから衣装づくりに挑戦。前例のない衣装製作に取り組むことで、縫製手順や技術の習得はもちろん体型と衣服構成の関係についてまで理解を深めます

CLOSE UP体験して成長!
実践力を磨く!
  • コンテストやファッションショーで受賞多数。

    2016年度には、KDKファッショングランプリコンテストで谷川はなさんが「繊研新聞社賞」を受賞。NDK「KYOTO COLLECTION」のショーには3名が作品を出品しました。2015年度は宮口奈菜美さん(卒業生)が、ベトナムコレクション2015で「観覧者による人気投票一位」と「阪急賞」を受賞しています。

  • 家庭科教員免許を取得。教わる立場から教える立場に。

    多くの先輩が家庭科教員になる夢を叶え、大阪府や和歌山県の公立中学校・高等学校、関西圏の私立学校で教壇に立っています。家庭科教員をめざすみなさんには、正課科目に加えて、夢支援プログラム「教員養成プログラム」で試験合格を強力にバックアップしていきます。