100周年スローガンに込めた想い

地域とともに これからも

「羽衣の土地に理想の女子教育の
殿堂を作りあげよう」。
創設者の島村育人が情熱を燃やしてから
100年を迎えます。
私たちは愛真教育を基盤として、
テントだけの学舎からスタートしました。
短期大学から4年制大学への改組、中高男女共学化など
時代に合わせて変化を続けてきましたが、
ずっと変わることがないのは
「羽衣」という地域とのつながり。

この街の人々に温かく見守っていただいたこと。
たくさんの学生・生徒に羽衣学園で
学んでいただいたこと。
ときには一緒にプロジェクトを
進めることもありました。
地域という存在に背中を押してもらったからこそ、
皆様と一緒に見たい未来があります。

それは、未知なる世界であり、
想像を超える景色かもしれません。
でも、地域という存在に
背中を押してもらった歴史は、
無限の可能性を叶える原動力になると
私たちは思っています。

大切な原点から色とりどりの未来へ。
100年前の情熱を胸に、
羽衣学園は再び
時代を切り拓いていきます。

2023年の創立100周年に向けて
さまざまな記念企画を準備中です。
WEBサイトでも随時コンテンツを
公開していきますので、
ご期待ください。

理事長あいさつ

地域とともに これからも

学校法人羽衣学園は、令和5(2023)年に創立100周年という記念すべき節目を迎えます。これも偏に創立から今日に至るまで学園を見守り、励まし支え続けていただいた学園関係各位、並びに地域の皆様方の温かいお力添えの賜物と心より感謝申し上げます。

本学園の歴史は、大正12(1923)年の羽衣高等女学校の開校に遡ります。以来、「自由・自主・自律・個性尊重の人間教育を通して、社会に有為な人材を育成する」ことを建学の精神とし、時代のニーズを踏まえつつ、常に改革改善を重ねまして、現在では、学生・生徒2,600人超を擁する総合学園へと発展してまいりました。これまでの卒業生総数はおよそ5万人となり、社会の様々な分野で活躍しています。

羽衣学園は、地域に愛され信頼される学園、地域に貢献する学園をモットーに歩み続けてきました。これからも教育機関として地域社会に有為な人材を送り出していくことはもとより、学園自体も地域社会を構成する一員として、また地域のシンクタンクとして、皆様のお役に立ち、頼りにされる存在であり続けられるよう努力してまいります。皆様方の変わらぬご理解、ご協力を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

令和4年4月
学園法人羽衣学園 理事長

松井 基純

イベントレポート

100周年記念事業の関連活動を
随時更新していきます。

寄付金募集のご案内

羽衣学園創立100周年の記念事業を推進するにあたり、
寄付金の募集活動を行っております。

お問い合わせ

学校法人羽衣学園
創立100周年記念事業 事務局

〒592-0003
大阪府高石市東羽衣1-11-57
E-mail:kifu10020@hagoromo.ac.jp
TEL:072-265-6200
FAX:072-264-6761

受付時間
(月~金)9:00~17:00
(土)9:00~12:00