文字サイズ

羽衣国際大学

情報システムコース

現代社会学部/放送・メディア映像学科

ICTエンジニアに必要な
知識と技術を身につけ、実践力を高めます。

私たちの日々の生活で、ICT技術の高度化がますます進んでいます。
情報技術と経営の基礎知識を習得し、プログラミング言語を用いた演習を通して、実践的な知識とスキルを習得します。
また、Webアプリケーション技術を学び、ICT関連産業で活躍できる人材の育成をめざします。

めざす資格・検定
応用情報技術者、基本情報技術者、ITパスポート、情報セキュリティマネジメント試験、MOS Excel、博物館学芸員、高等学校教諭一種免許状(情報)など
卒業後の進路イメージ
情報サービス関連会社、ITベンチャー、ソフトウェア会社、金融業、流通業、企業の情報システム部門、高等学校教員(情報)、公務員、大学院進学など

学びのポイント

  • 演習重視のプログラミング教育。基礎から応用まで実践的なスキルを修得。
  • 「情報技術」と「経営」の知識を修得。ネットワーク社会で活躍するビジネスパーソンを輩出。
  • 資格をしっかりサポートするカリキュラム。教員免許を取得し、情報教諭の道も。
PICK UP学内で知識理論、
技術を学ぶ。
  • 情報処理概論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

    情報技術に関する基礎理論、コンピューターのソフトウエア、ハードウエア、応用技術(データーベース、ネットワーク、セキュリティ)などのテクノロジ分野に加え、経営戦略、技術戦略、システム戦略などのICTビジネス分野について幅広く学びます。Ⅰ、Ⅱ、Ⅲと学習を積み上げ、国家資格であるITパスポート資格試験に合格できる実力を身につけます。

  • プログラミング実習Ⅰ・Ⅱ

    将来、幅広い分野で活躍できるように、プログラミングの基礎と応用を学びます。Visual Basic やJava言語を用いた少人数の演習形式の講義で、データー構造、アルゴリズムをしっかりと理解し、最終的にJavaアプリケーションの開発ができるようになることをめざします。

CLOSE UP体験して成長!
実践力を磨く!
  • ITパスポート合格率80パーセント。

    情報システムコースの2年生のうち8割の学生が国家資格の「ITパスポート」資格試験に合格。全員が初心者からのスタートでしたが、仲間同士励ましあいながら試験勉強を続け、大きな成果を挙げることができました。合格者は既に上位資格に向けて勉強を始めています。

  • 羽衣から情報教諭第1号が誕生。

    放送・メディア映像学科では2013年入学者から高一種(情報)の教員免許を取得できるようになりました。川端見歩さん(2017年卒業)はその1期生として教員免許を取得し、2017年4月から大阪府の府立高校で情報教諭として教壇に立っています。