文字サイズ

羽衣国際大学

放送・メディアコース

現代社会学部/放送・メディア映像学科

映像制作において、
即戦力となる知識と技術を身につけます。

プロ仕様のスタジオや放送機材を活用し、
キャンパスの内外で多様な映像作品を制作することで放送に関する知識とスキルを実践的に学びます。
また、メディアやジャーナリズムに関する幅広い教養を身につけ、
将来は放送業界や広告代理店などで活躍できる人材を育成します。

めざす資格・検定
映像音響処理技術者資格認定試験、イベント検定、ニュース時事能力検定、MOS Excel、ITパスポート、色彩検定®、TOEIC®、実用英語技能検定、博物館学芸員、高等学校教諭一種免許状(情報)など
卒業後の進路イメージ
テレビ・ラジオ放送局、番組制作会社(映像プロダクション)、アナウンサー・ナレーター、広告代理店、編集スタジオ、音響・照明関連会社など

学びのポイント

  • プロ仕様のスタジオや放送機材を活用し、放送に関する知識と技術を身につける。
  • 放送局の元アナウンサーやディレクターなど、プロの教授陣から直接学ぶ。
  • 授業で学んだ映像制作技術やアナウンスメントを活用した地域貢献も。
PICK UP学内で知識理論、
技術を学ぶ。
  • スタジオ基本操作

    番組制作に不可欠なカメラ撮影の操作と、テレビスタジオを稼働させるための基本操作を学びます。撮影台本や絵コンテの作成から、学内スタジオでのマイクやミキサー、カメラの操作、実際の収録まで番組制作の一連を実習。将来、映像制作の世界で活躍するための基礎力を育みます。

  • アナウンスメント

    マイクの前に立つプロとして求められるアナウンス技術や話術を基礎から修得します。正しい発音・発声・アクセントを理解し、ニュースや天気予報、朗読など簡単な読み原稿を繰り返し練習。実践的に学ぶことで、コミュニケーションツールである言葉の大切さを理解し、魅力ある話し方を身につけます。

CLOSE UP体験して成長!
実践力を磨く!
  • オムニバスドラマ『阪堺電車』が海外で受賞!

    放送・メディア映像学科の学生たちが監督・制作を務めた堺市PRオムニバスドラマ『阪堺電車』が、中国・大連の遼寧師範大学で開催された「2016年第5回鴻宝杯青年学子文化創意コンペティション及論壇」で「鴻宝杯国際交流賞」を受賞しました。ドラマは本学公式YouTubeチャンネルで公開しています。

  • 学んだ技術を活かした地域貢献を展開。

    堺市の「堺・アセアンウィーク」では2009年から公式映像記録を担当。京丹後市では、合宿で取材を行い地元企業のPVを制作しました。自治会主催のお祭りやスポーツ大会、式典などではアナウンスメントを学んだ学生が司会のボランティア活動をするなどして活躍しています。