文字サイズ

羽衣国際大学

現代社会学部

学部案内

現代社会が直面する多様な課題を幅広い視野と思考力でとらえ、
問題解決する能力を育成。

現代社会学部の特色

現代社会学部には現代社会学科と放送・メディア映像学科の2学科があります。
さらに、現代社会学科は経済・経営コース、国際英語コース、観光コース、スポーツコースに、放送・メディア映像学科は放送・メディアコース、映像コンテンツコース、情報システムコースに分かれています。
自分の興味や希望する進路に合わせてコース選択を行い、専門の学びを深めると同時に、他コースの学びも加えることができます。

オンキャンパスとオフキャンパス両方の
連携を重視した教育を実施

オンキャンパス学修
  • 1年次からのゼミ担当制

    1年次から少人数制のゼミが始まります。担当教員は一人ひとりの個性や将来の希望を踏まえて、大学生活を有意義に送るためのアドバイスをします。ゼミ担当教員は、学習・生活両方の相談に親身に乗ってくれる頼れる存在です。

  • 学びを深める基礎養成科目の充実

    専門分野をより深めていくためには、幅広い教養や知識が不可欠です。1年次から、現代社会理解分野、キャリア教育分野、教養分野、実務技能分野(外国語、コンピュータなど)の多彩な科目を基礎力養成科目から履修することができ、幅広く豊かな教養と実務的能力を磨き、確かな基礎力を身につけることで、多様化する専門知識・技能に対応する力を養います。

  • 充実したキャリア教育

    それぞれの学科・コース、さらに個々の資質に合わせて、目標とする進路をはっきりと設定させ、就職活動を積極的に支援します。また、めざす進路に沿った夢支援プログラムで対策講座を受講、資格取得支援プログラムでプラスアルファーの資格を取得。キャリア形成に活かすことができます。

オフキャンパス学修
  • インターンシップや学外研修、
    海外研修で現場体験と実践の重視

    1年次からさまざまな施設、企業、自治体の現場でのインターンシップや、学外研修、海外研修などを体験。事前学習から体験中のレポート作成はもちろん、事後学習で何を学んだか発表することで、自分の学びに自信を持ち、将来に活かす教育を徹底しています。