文字サイズ

Language

羽衣国際大学

その他 講演、講習

社会人・一般の方へ

≪公開授業≫

UNESCO世界遺産登録記念シンポジウム プレ講座
(「南大阪地域学」15回目講義)

タイトル 世界文化遺産「百舌鳥・古市古墳群」とは何か?
~5世紀の「河内王権」と「倭の五王」の実像~
講演内容 大阪府の「百舌鳥・古市古墳群」が令和初のユネスコ世界文化遺産に!

世界三大墳墓の中でも群を抜く仁徳陵古墳などの巨大な前方後円墳グループ。
これらを大阪湾岸から河内平野に造営した勢力とは?
1600年前の中国・宋王朝から「倭の五王」と呼ばれた5人の大王たちが葬られたとみられるこれらの墳墓をめぐる壮大な謎を最新の研究成果から解き明かします。
講師 坪井恒彦
(羽衣国際大学非常勤講師、元読売新聞編集委員)
日時 7月24日(水) 10:40~12:10(受付10:15から)
会場 本学4号館2F 大会議室
南海「羽衣駅」、JR「東羽衣駅」から徒歩7分
定員 20名(一般枠)
参加費 無料
お申込 学術情報・地域連携センター(2号館1F)へ、直接または電話(072-265-7145)にてお申込みください。
「世界遺産講座希望」と指定していただき、ご氏名と参加人数を教えてください。
定員20名(一般枠)になりしだい締め切ります。
<平日09:00-17:00受付>
主催 羽衣国際大学
お問合せ先 ℡:072-265-7145(学術情報・地域連携センター)
チラシデータ こちらをクリックするとPDFデータが表示されます。
備考 羽衣国際大学主催「UNESCO世界遺産登録記念シンポジウム」を12月7日(土)午後に開催予定です。
※詳細は8月にホームページ掲載予定
※羽衣国際大学 現代社会学会共催、堺市後援
お問い合わせ先

羽衣国際大学 学術情報・地域連携センター
〒592-8344 大阪府堺市西区浜寺南町1-89-1

  • TEL072-265-7145 (月~金 9:00~17:00 土 9:00~12:30)
  • FAX072-265-7008