文字サイズ

羽衣国際大学

今日の出来事

HAGOROMO TODAY

読書感想文コンクール「羽衣必読書208」表彰式2017年12月15日

羽衣国際大学では「1週間に1冊の本を読むと、大学在学中に208冊の本が無理なく読める、だからぜひ本を読んでほしい」というコンセプトのもと11年前から読書推進運動「羽衣必読書208」を行っています。この運動により、夏休みに推薦図書もしくは学生自らの選出図書を読み、感想文を書く取り組みが続いています。(1年生は必修、2年生以上は任意での参加)

2017年12月12日(火)、今年度の読書感想文コンクール「羽衣必読書208」の表彰式が催され、最優秀賞、優秀賞、佳作に選ばれた5名(内、1名欠席)の学生に、岸本幸臣学長から賞状と副賞が贈られました。

賞状授与後には、審査員を務めた吉村宗隆副学長から全体講評とともに、最優秀賞の堀井万由さんの感想文について「ケガにより一定期間クラブの練習に参加できなかった自らの経験に結び付けて書かれていた箇所が他の感想文に比較して特に優れていました」とコメントが述べられました。植田福裕人間生活学部長からは、優秀賞の玉木好さんの感想文に対して、「小説の内容を自分のことと照らし合わせて書かれていたところが評価されました」と感想が述べられました。


平成29年度読書感想文コンクール「羽衣必読書208」受賞者

《最優秀賞》

堀井万由(食物栄養学科1年生) 『「凹まない」生き方論』

《優秀賞》

玉木好(人間生活学科1年生) 『君の膵臓を食べたい』

《佳作》

足日瑞姫(食物栄養学科1年生) 『青空エール』

小橋川響(現代社会学科1年生) 『プリンセス・トヨトミ』

西川真生(現代社会学科1年生) 『置かれた場所で咲きなさい』

 


今日の出来事一覧へ