文字サイズ

Language

羽衣国際大学

今日の出来事

HAGOROMO TODAY

GCP(グローバル・チャレンジ・プログラム)年度末成果発表会を実施しました。2022年2月19日

英語力の強化とともに専門性を深めながらグローバルに活躍できる人材を育てる特待生プログラム、GCP(グローバル・チャレンジ・プログラム)。このGCPで学ぶ各学年の学生による年度末成果発表会が2日間に分けて行われました。

1,2年生による成果発表

1月31日(月)は2021年度生(1年生)11名、2120年度生(2年生)9名が発表。

それぞれこの1年間GCPの授業や活動での学びの成果を1年生は5分前後のスピーチに、2年生はPowerPointを使った資料などでプレゼン形式にまとめ英語で発表しました。


GCP第一期生(3年生)による個人プロジェクトの発表

所属学科での専門性を土台にテーマを選びリサーチ、作品制作等を行う「個人プロジェクト」に取り組んだGCP 2019年度生(3年生)の発表は、2月10日(木)に行われました。

各学生をご指導いただいたゼミの先生もお招きしたこの日の発表会では、7名の学生が10分間の英語によるプレゼンテーションを行いました。

各学生の「個人プロジェクト」のテーマタイトルは以下の通りです。

現代社会学科 国際英語コース 3年 増山 葉瑠弥
“WHAT KIND OF EDUCATION DO WE REALLY NEED?”

現代社会学科 国際英語コース 3年 光増 竜生
“WHY JAPANESE VOTER TURN OUT IS LOW?”

現代社会学科 国際英語コース 3年 木目 真由
”AFRICA AND IT”

放送・メディア映像学科 情報システムコース 3年LE TRUNG KIEN
“NUMBER DESTROY THE WORLD’S WEBSITE”

放送・メディア映像学科 情報システムコース 3年 HARTANTO REIKO KLARISSA
“SDGs and UDEMY”

放送・メディア映像学科 情報システムコース3年PHAM HAI TRIEU
“TRAVEL CHANGED ME”

現代社会学科 観光コース 3年 HO QUE DANH
“CHILD MARRIAGE”

学科のゼミの研究テーマを発展させたもの、GCPの学びの中で知ったSDGsの課題と向き合ったもの、専門性を生かし作品制作に挑んだもの、将来のキャリアも見据えたライフワークを紹介したもの、とテーマも様々。

GCPでの学びの多様性が見事に形となった発表となりました。来年度以降は、ここにさらに海外留学の報告が加わることを期待したいと思います。


きみの可能性を、見逃さない。
羽衣国際大学

 


今日の出来事一覧へ