トピックス

一覧へ戻る

【放送・メディア映像学科】ゲスト講師によるVR・ARコンテンツ特別講座

ニュース イメージ

2017.10.12NEW

 2017年10月10日、放送・メディア映像学科の小田 まり子教授ゼミにおいてCGuestの羽岡 浩二先生によるゲームエンジンUnityを使用したVR・ARコンテンツ制作の特別講座を実施。ゲームコンテンツ制作について学べる貴重な機会として、ゼミ生の他に「プログラミング実習」の履修学生も参加しました。


 講座では羽岡先生にUnityによるHMD(ヘッドマウントディスプレイ)コンテンツ制作をデモンストレーションいただきながら、Unityの汎用性の高さやVRとの相性などについてお話しいただきました。

 参加学生の多くが羽岡先生のデモンストレーションを通じて、各メーカーが用意しているモジュールやサンプルを活用して短時間でコンテンツ制作が可能であり、無料で入手出来て手軽に始められるUnityに魅力を感じていました。


 羽岡先生からは、VRやARがゲームだけでなく医療や教育など多分野において今後活用されていく可能性についても言及いただき、学生たちに向けて「ゲームやコンテンツを制作して満足するのではなく、Unityを使って人や世の中の為になるものを生み出すことを考えてほしい」とメッセージをいただきました。



放送・メディア映像学科情報システムコース

ページの先頭に戻る