トピックス

一覧へ戻る

にしゃんた教授が「第58回 外国人による日本語弁論大会」にて特別審査員を務めます

ニュース イメージ

2017.06.05

 2017年6月17日につくば市立ノバホールを会場に開催される「第58回 外国人による日本語弁論大会」において、にしゃんた教授(現代社会学部)が特別審査員を務めます。

 

 国際教育振興会、国際交流基金、つくば市が主催する「第58回 外国人による日本語弁論大会」は、つくば市制30周年記念事業としてタレントの春香クリスティーンさんが司会を、本学のにしゃんた教授が特別審査員を務めます。

 今大会には、29か国87名の応募者の中から審査を勝ち抜いた11か国12名の外国人参加者が出場し、母国と異なる日本の社会や文化について、日本語でスピーチを行います。彼らの視点や考え方が、私たちに新しい日本認識の視点を提供してくれることでしょう。

 

 日本語弁論大会の模様は、NHK Eテレにて後日放送予定です。


第58回 外国人による日本語弁論大会

 

日 時:6月17日(土) 13時〜(12時開場)

会 場:つくば市立 ノバホール(アクセス

司 会:春香クリスティーン

特別審査員:にしゃんた(羽衣国際大学現代社会学部教授)

主 催:国際教育振興会、国際交流基金、つくば市

 

 

総合企画室 企画広報グループ

ページの先頭に戻る