トピックス

一覧へ戻る

【食物栄養学科】硬式野球部部員対象の調理実習を開催しました

ニュース イメージ

2017.02.22

 今年度、食物栄養学科の辻本洋子教授ゼミでは、スポーツ栄養に関心のある中長春佳さんを中心に本学の硬式野球部対象に体組成計測定結果に基づいた食事指導や目的別の食事メニュー開発などを行ってきました。

 

 2017年2月16日(木)、その集大成として「自らが自分の目的に合わせた食事を調理して栄養管理ができるようになること」を目的に、食物栄養学科の学生8名(4年生6名、3年生2名)指導による硬式野球部員(1,2年生)対象の調理実習を開催しました。

 

 普段あまり調理をしない硬式野球部員のために、食物栄養学科の学生たちは手に入りやすい材料で、電子レンジやオーブントースターを活用したあまり手間をかけずに調理できるメニューを選択。忙しい朝に適した朝食メニューから野菜をしっかりとることができるメニュー、おにぎりを持参する場合にのりをパリパリに保つ工夫まで、時間短縮や美味しく食べるためのアイディアが盛り込まれたメニューが硬式野球部員のために用意されました。

 

 硬式野球部員は5〜6名のグループに分かれて、それぞれに食物栄養学科の学生の指導のもと手分けして各メニューの調理にあたりました。主食からデザートまで並行しての調理という慣れない作業に苦労しながらも、普段の練習とは違った真剣さで取り組んでいました。

 

 

<調理実習メニュー>

エッグトースト

ブロッコリーのグラタン

中華春雨サラダ

かぼちゃサラダ

きんぴらごぼう

炊き込みご飯

パリパリおにぎり

マグカップスープ

グレープフルーツゼリー

 

<参加学生>

●食物栄養学科

中長 春佳(4年生)

板原 未苑(4年生)

浦 菜都美(4年生)

小川 智春(4年生)

尾張 照実(4年生)

宮澤 梨花(4年生)

辻 茜(3年生)

永濱 光紗(3年生)

 

●硬式野球部

部員22名(1・2年生)

 

 

食物栄養学科

ページの先頭に戻る