学園の構成と沿革

学校法人羽衣学園の構成

現在、学校法人羽衣学園は、羽衣国際大学、羽衣学園高等学校、羽衣学園中学校の3つの学校で構成されています。羽衣学園の歴史は、約90年前、1923年(大正12年)の羽衣高等女学校の開校に遡ります。
羽衣高等女学校の設立者の一人、島村育人先生は、女子教育の理想を胸に海外留学から帰国し、女子に高等教育は不要という当時の常識に異を唱え、女子もまた豊かな教養と高度な専門知識を持った社会人とならなければならないという信念から羽衣高等女学校を設立しました。この精神は、羽衣の建学の精神である「『愛真教育』を基盤とした『自由・自主・自律・個性尊重の人間教育』を通して社会に有為な人材を育成する」という言葉に凝縮されています。
島村先生は、羽衣高等女学校の第一期生の生徒を前に「あなたが本校に在学なさることは、本校の名誉であります」と語りかけられました。島村先生がいかに生徒に大きな期待と誇りを持っておられたかがわかります。
この精神は、その後、羽衣学園高等学校、羽衣学園短期大学、そして男女共学となった羽衣国際大学に今も脈々と受け継がれ、羽衣国際大学は、その使命を「共生社会において主体的に行動する実践的職業人の育成」とし、Be the One!“かけがえのない存在”たれ!という標語を掲げています。

ページの先頭に戻る

学園と大学の歩み

1923年(大正12年)
島村育人先生とその信念に共感した本山彦一(毎日新聞社主)ら数人の支持と支援により羽衣高等女学校が設立認可、開校
1947年(昭和22年)
学校教育法に基づき、羽衣学園中学校 発足
1948年(昭和23年)
学校教育法に基づき、羽衣学園高等学校 発足
1964年(昭和39年)
羽衣学園短期大学(文科・家政科)設置認可
羽衣学園短期大学 開学
1986年(昭和61年)
新学舎(講義棟1号館及び図書館棟2号館)竣工
1987年(昭和62年)
新学舎(実験・実習棟3号館)竣工
1993年(平成5年)
新学舎(学生会館4号館)竣工(羽衣学園70周年記念事業)
1996年(平成8年)
羽衣学園短期大学に国際教養学科を開設
2000年(平成12年)
羽衣学園短期大学 男女共学化
2002年(平成14年)
羽衣国際大学(産業社会学部産業ビジネス学科)開学
2003年(平成15年)
学園創立80周年記念式典挙行
2005年(平成17年)
羽衣国際大学 人間生活学部設置(人間生活学科 食物栄養専攻・介護福祉専攻・生活マネジメント専攻)
2006年(平成18年)
羽衣国際大学産業社会学部産業ビジネス学科を、放送・メディア映像学科とキャリアデザイン学科の2学科に改組
羽衣学園短期大学 閉学
2011年(平成23年)
羽衣国際大学産業社会学部・キャリアデザイン学科、学部名称を「現代社会学部」に学科名称を「現代社会学科」に変更
羽衣国際大学人間生活学部、食物栄養専攻を食物栄養学科に学科昇格し、人間生活学科(生活福祉コース、生活マネジメントコース)と2学科体制に改組

ページの先頭に戻る