羽衣社会人講座
日本文化・講座内容&日程

平成28年度前期開講講座(日本文化)

※講師・日程・教材費等は諸般の事情により、変更になることもあります。テキストは「奥の細道ファイナル」を除き、全て大学で一括注文いたしますので、個人で購入をしないでください。

『古典を一つ手に入れましょう』
講師:
大蔵流狂言師 安東 伸元(重要無形文化財保持者)

世界無形文化遺産である能楽はプロだけが伝承する古典芸能と思われがちです。日本舞踊や民謡同様、一般の方たちも声に出し、体を動かして楽しむことのできる伝統芸能です。謡と狂言を中心に、日本人の心の響きとリズムを再発見しましょう。初心者の方も大歓迎です。

①5/11 ②5/18 ③5/25 ④6/8 ⑤6/22 ⑥6/29 ⑦7/6 ⑧7/13 ⑨7/20 ⑩7/27 ⑪9/7 ⑫9/14
※6/1、6/15、8/3、10、17、24、31休講

受講料等 曜日・回数 時間 定員
受講料16,000円 水曜・全12回
10:00~11:50
(110分)
20名

ページの先頭に戻る

『源氏物語と能』
講師:
羽衣国際大学名誉教授、同大学日本文化研究所特別研究員 泉 紀子 /
宝生流能楽師 辰巳 満次郎(重要無形文化財保持者)

平成27年度に引き続き『源氏物語』第9帖「葵」をとりあげます。絵や詩歌、他の物語との関わり、歴史的背景を参照しながら、ゆっくりと読んでいきますので、初めての方でも大丈夫です。また、『源氏物語』を素材とした能の仕舞も体験します。
※テキストは本学で一括購入するので、個人で購入しないでください。

①5/11 ②5/18 ③5/25 ④6/1 ⑤6/8 ⑥6/15 ⑦6/22 ⑧6/29 ⑨7/6 ⑩7/13

受講料等 曜日・回数 時間 定員
受講料10,000円
資料代2,000円
テキスト代1,700円
水曜・全10回 10:40~12:10
(90分)
20名

ページの先頭に戻る

『宗達伊勢物語図色紙を読み解く』
講師:
羽衣国際大学名誉教授、同大学日本文化研究所特別研究員 泉 紀子

17世紀初め京都、斬新な描法で、俵谷宗達は伊勢物語の世界を色紙に描きました。色紙に描かれた宗達の伊勢物語絵は、後に尾形光琳や酒井抱一といった琳派の流れを生み出しています。伊勢物語の内容と突き合わせながら、宗達筆として国内外に伝存する59枚の伊勢物語色紙絵の世界を、1枚ずつ、読み解いていきたいと思います。

①5/16 ②5/23 ③5/30 ④6/6 ⑤6/13 ⑥6/20 ⑦6/27 ⑧7/4 ⑨7/11 ⑩7/25 ※7/18休講

受講料等 曜日・回数 時間 定員
受講料 10,000円
資料代 2,000円
テキスト代 2,000円
月曜・全10回
13:00~14:30
(90分)
20名

ページの先頭に戻る

『奥の細道ファイナル』
講師:
羽衣国際大学元教員 橋本 直紀

■講義:出羽三山成就。足は越後路へ。8月5日に曽良と離別した芭蕉は、敦賀で路通の出迎えをうけ、元禄2年8月21日(陽暦10月4日)ごろ、ついに大垣入りを果たす。
※新規受講者は下記テキストをご自身でご購入をお願いいたします。
角川ソフィア文庫、潁原退蔵・尾形仂訳注『新版おくのほそ道』(定価821円)。


①5/13 ②5/20 ③5/27 ④6/3 ⑤6/10 ⑥6/17 ⑦6/24 ⑧7/1 ⑨7/8 ⑩7/15 ⑪7/22 ⑫9/23 ⑬9/30

■文学散歩:要実費。自由参加。自己責任。折々各地へ
[10月第1週目(?)には1泊で岐阜大垣へも。詳細はすべて教室にて]。

受講料等 曜日・回数 時間 定員
受講料 16,500円
(資料代込)
金曜・全16回
※講義13回・文学散歩3回
13:00~14:30
(90分)
35名

ページの先頭に戻る

『金槐(キンカイ)和歌集を読む〔その1〕』
講師:
羽衣国際大学元教員 橋本 直紀

■講義:金(鎌倉)の槐(右大臣)源実朝の家集を、江戸初期写本で読む。変体仮名初心者、かな書道手習い者、歓迎。※テキストは大学で用意しますので、個人で購入しないでください。11人以上で開講。

①5/13 ②5/20 ③5/27 ④6/3 ⑤6/10 ⑥6/17 ⑦6/24 ⑧7/1 ⑨7/8 ⑩7/15 ⑪7/22 ⑫9/23 ⑬9/30

■文学散歩:要実費。自由参加。自己責任。折々各地へ。[詳細はすべて教室にて。]

受講料等 曜日・回数 時間 定員
受講料 13,500円
(テキスト代込)
金曜・全13回
※講義10回・文学散歩3回
15:00~16:20
(80分)
21名

ページの先頭に戻る

『日本刺繍』
講師:
日本刺繍紅会講師 山下 とし子

千六百年の長き歴史をもつ日本刺繍。繍法42種のうち、初心者は桜や松などの模様で繍法8種を習い、袱紗(ふくさ)などの小物づくりから始めます。継続者は半襟や帯など、徐々に大きな作品を繍います。絹糸の織りなすあでやかな日本の美を日常に取り入れてみましょう。

①5/21 ②6/4 ③6/18 ④7/2 ⑤7/16 ⑥7/30 ⑦9/10 ⑧9/24 ※8月休講
※※日本刺繍の申込締切日は4/18!

受講料等 曜日・回数 時間 定員
受講料 16,000円
材料費 16,000円 (新規のみ)
刺繍台貸出保証金5,000円
(講座終了時に返金)
隔週土曜・全8回
13:00~16:00
(180分)
15名

ページの先頭に戻る